イギリスEU離脱で全人類、円買いに走る。

      2016/07/02

6/24(金)イギリスのEU離脱が国民投票で決定しましたね!

そもそもEUとは

欧州連合(おうしゅうれんごう、英: European Union、略称:EU)は、欧州連合条約により設立されたヨーロッパの地域統合体。
欧州連合規約では欧州連合の存在価値について、以下のようにうたっている。
仮訳:連合は人間の尊厳に対する敬意、自由、民主主義、平等、法の支配、マイノリティに属する権利を含む人権の尊重という価値観に基づいて設置されている。これらの価値観は多元的共存、無差別、寛容、正義、結束、女性と男性との間での平等が普及する社会において、加盟国に共通するものである。
—欧州連合、欧州連合条約第2条
さらに欧州連合条約第3条第1項では欧州連合の目的について、第2条で挙げられた価値観や平和、域内の市民の福祉を促進することとしており、同条第2項以下では政治や経済、国際関係に関する連合の活動について列挙している。
欧州連合では欧州連合条約の発効前に調印されていた単一欧州議定書によって市場統合が実現し、またシェンゲン協定により域内での国境通過にかかる手続きなどの負担を大幅に削減した。さらに欧州連合条約発効後によって外交・安全保障分野と司法・内務分野での協力枠組みが新たに設けられ、ユーロの導入による通貨統合が進められている。このほかにも欧州議会の直接選挙が実施されたり、欧州連合基本権憲章が採択されたりするなど、欧州連合の市民権の概念が具現化されつつある。加盟国数も欧州経済共同体設立を定めた欧州経済共同体設立発効時の6か国から、2013年7月のクロアチア加盟により28か国にまで増えている。

ウィキペディアより引用

FX業界では泣いた人、笑った人、二分しましたが、さて貴方は??

ボク、ボクですか?

大泣ですよww

つくずく下手やわ~~~

離脱速報をカーラジオで聴いて車の中からスマホでポンド全力売り!!!

おいおい確定まであんだけ下げたのに確定後に値を上げるとは、、、英国人、気持ちの切り替え早すぎやろw

SPONSERD LINK

さてFX初心者も泣いてばかりでは、あきません。英国人同様に気持ちを切り替えて週明けから又、トレードに励みます。

今後の攻略法は、、、おそらく値を、ある程度戻したクロス円ですが、そうは簡単にはドル高やポンド高にはなるとは、思えません。いろんな方のFXブログ等を読んだ結果w

ならば売り中心のトレードかな、、、

朝イチは日経平均株価に反応しそうですが、金曜日には株価も1000円以上、下げてるんで、週明けさらに下げるとドル売られるやろうね。それとも、少しくらい下げるのは想定内なんでしょうか?上がったとしても100円や、そこらじゃ焼け石に水。上げる要素にはならんでしょうね。

朝は様子見かな。

ポンド/円の戻り売りを狙いたいところですが、ポンドの場合、大戻りされることが、あるので要注意ですねw

★追記★

ラインスタンプ「FXで稼ぐクマ」販売開始しました!

画像は、こんな感じです~

18

07

 - 世の中の動き

スポンサードリンク