順張りと逆張り

   

FXに限らず相場には順張りと逆張りという言葉があります。

簡単に、ご説明すると順張りとは流れに沿って売買をすること、逆張りとは流れに逆らって売買をすること

さらに詳しく、ご説明すると順張りとは上昇トレンドなら買い注文で、下降トレンドなら売り注文でトライです。
逆張りとは、その逆でトレンドに逆らった売買注文をすることです。

順張り逆張り、いろいろとボクなりに調べてみました。初心者には順張りが向いてるみたいですね。

まぁ流れに逆らわずに売買をしようってことですけど、ただ難しいのが、現在のトレンドがどちらに向いてるかの判断ですね。これを間違えると順張りのつもりが逆張りになってしまいますから、、、

SPONSERD LINK

上級者になると逆張りが美味しいみたいですね。
例えば上昇トレンドの中で目一杯、上がったところで売り注文、どんどん落ちていけば、ウハウハですもんね。

上級者ともなると行き当たりばったりに、けっこう上がったから売るか~てなノリではないですね、チャートなどを利用してトレンドの変換を見抜いてしまうんでしょうね!

なかなかそれはFX初心者には難しい、、、

話は変わりますが最近のボクのトレード方法はデイトレスタイルです。

FX専門のトレーダーではないので常にチャート表を見るのは不可能ですから、でも、、、けっこう1日のうちで見てる時間、長いですけど(笑)

毎日見てると、何となく1日の流れがわかってきます。だいたいの高値、安値もこんなものかと、、、
毎朝、利確売と損切りストップが出来るIFOで予約注文してます。日足で全体のトレンド、上げか下げかを読んで上げなら買いポジション狙い、下げなら売りポジション狙いで仕掛けます。上げ狙いなら直近の安値、近くを下げ狙いなら直近の高値を拾いにいくように設定してます。まさに初心者ならではの順張りの王道ですかね(笑)

買う時間は朝の日本タイムスタートくらいです。予想に反して逆に動くようなら早めに損切りをします。そして夕方まで流れを見て、今度は欧州タイムがはじまる時間で勝負します。午前の予想が外れた場合は軽めに午前の流れに沿った買い方をしてます。午前中の予想が上手く当たってポジション持ちなら一旦、精算することが多いです。

なぜか欧州タイムがはじまる前に相場急激に逆に動くことが多いので、その前に精算して落ちきった時もしくは上がりきった時にポジションを持つようにしてます。

最近のFXトレードはこんな感じですかね~

未だに危険な塩漬けとかもやってしまいますがw

月曜日の相場はどうなるんでしょうか、、、

夜中の2時のイエレン議長の発言を受けドルは、そこから約50銭上がりましたね。クロス円も上がったみたいです。

ドル円は110.5円を天井に111円はなかなか難しそうです。下も109.5円はかなり底が固そうです。
午前中は見に徹して、どこまで下がるのか見て109.5円近くで買おうと思ってます。

ポンド円は、EU離脱問題に関する予想での、お祭り騒ぎは一旦収まったみたいで、ボクにとってはトレンド自体も読みにくくなってますので、しばらく見にします。

来週の金曜日は米雇用統計の発表ですね。

初心者のボクはノーポジションで迎えようと思ってます。弱気w

 - 証券用語

スポンサードリンク