IFD注文

新規注文と決済注文を同時に注文できる。

IFD注文かんたん説明

買いたい金額と売りたい金額を設定して自動に注文してくれるシステムです。

● 1ドル○○○円で新規注文

● 1ドル○○○円で決済注文

SPONSERD LINK

IFD注文の仕方

仮に現在、1ドルが120円から121円をウロウロ、、、120円を割って買って121円を超えて売ったら1円の利益。当たり前ですが、相場を常に睨んでいる時間がない、、、
そんな時はIFD注文!
注文(IF)を120円に設定して注文(done)を121円にして注文!後は寝て待つだけ。思惑通り1ドル120円になれば買いが自動で成立し買い発生後、1ドル121円になれば自動に売りが適用されます。果報は寝て待て、、、まぁこれは、上手く行った例ですが(笑)

このIFD注文。色んなパターンの組み合わせで2つの注文が出せます。
新規注文では売指値や買指値を設定したり、決済注文では売りストップや買いストップと売指値、買指値など、ここ、この買い方の一番のおススメは新規注文を指値、決済注文をストップにすることです。

例えば1ドルが120円になったら買うを指値で新規注文し、1ドルが119円になったら売ると指値で注文。こうすると自動で相場が120円になれば買い注文が入り、万が一、119円に下がれば勝手に損切りをしてくれます。
相場から目を話した時に下落、、、でも大損は免れますよね!

固定ページ

SPONSERD LINK

公開日:
最終更新日:2016/04/03