【第八章】儲かるFXのEAは作れるのか?とりあえずバックテストの結果は上出来!

      2016/12/11

MT4 EAメタエディタを使って勝てる儲かるEAを自作する。

【第一章】MT4をダウンロードしてメタエディタを開く

【第二章】メタトレーダーからメタエディタを開いてEAを書き込む準備をする

【第三章】買いポジションを持つOrder Send関数と一気にバックテスト!

【第四章】メタエディタでロウソク足と移動平均線を使ったEAを作ってみる

【第五章】儲かるEA制作!変数宣言と変数に移動平均線を代入してみる

【第六章】変数宣言をしてロウソク足にも関数を代入して使えるようにします。

【第七章】移動平均線が上昇の局面でロウソク足が移動平均線を下から上にクロスしたらのEA

【第八章】儲かるFXのEAは作れるのか?とりあえずバックテストの結果は上出来!

v_sig

さて~このグラフの結果の中身のEAは、、、

//+------------------------------------------------------------------+
//| katigumi.mq4 |
//| daisaku ishii |
//| https://fx-try.click/ |
//+------------------------------------------------------------------+
#property copyright "daisaku ishii"
#property link "https://fx-try.click/"
#property version "1.00"
#property strict
//+------------------------------------------------------------------+
//| Expert initialization function |
//+------------------------------------------------------------------+
int OnInit()
{
//---

//---
return(INIT_SUCCEEDED);
}
//+------------------------------------------------------------------+
//| Expert deinitialization function |
//+------------------------------------------------------------------+
void OnDeinit(const int reason)
{
//---

}
//+------------------------------------------------------------------+
//| Expert tick function |
//+------------------------------------------------------------------+
int start()
{
//変数宣言
double idou_1,idou_2,rousoku_3,rousoku_4;
int cnt,CurrentPosition;
int Position;

//ふたつ前の移動平均線
idou_1 = iMA(NULL,0,5,0,MODE_SMA,PRICE_CLOSE,2);
//ひとつ前の移動平均線
idou_2 = iMA(NULL,0,5,0,MODE_SMA,PRICE_CLOSE,1);
//ふたつ前のロウソク足
rousoku_3 = iClose(NULL,0,2);
//ひとつ前のロウソク足
rousoku_4 = iClose(NULL,0,1);

//オーダーチェック
CurrentPosition=-1;
for(cnt=0;cnt < OrdersTotal();cnt++){
OrderSelect(cnt,SELECT_BY_POS);
if(OrderSymbol() == Symbol()) CurrentPosition=cnt;
}

//CurrentPosition == -1の表現がオーダーなしを意味します。オーダーが無ければ
if(CurrentPosition == -1)
{
//移動平均線が上昇の局面でロウソク足が移動平均線を下から上にクロスしたら
if( idou_2<idou_1 && idou_2>rousoku_4 && idou_1<rousoku_3 )
{
//買いポジションを持つ
Position = OrderSend(Symbol(), OP_BUY, 0.01, Ask, 3, Ask-(2000*Point), Ask+(500*Point), "Buy", 0, 0, Blue);
}
}
//CurrentPosition == -1の表現がオーダーなしを意味します。オーダーが無ければ
if(CurrentPosition == -1)
{
//移動平均線が下降の局面でロウソク足が移動平均線を上から下にクロスしたら
if( idou_2>idou_1 && idou_2<rousoku_4 && idou_1>rousoku_3 )
{
//売りポジションを持つ
Position = OrderSend(Symbol(), OP_SELL, 0.01, Bid, 3, Bid+(2000*Point), Bid-(500*Point), "Sell", 0, 0, Red);
}
}
return(0);
}

//+------------------------------------------------------------------+

以上が全ソースです!

変わったか箇所は??

損切りと利確のpips

当初、作ったEAでは利確も損切りも20pipsにしてました~そこを利確50pips、損切り200pipsに変更!するとバックテスト上では勝ちに!

負けをどこまで我慢できるか!ってのがポイントですね!

実際では1000通貨のトライでポジションを持った時、例えば買いなら50pipsで利確ですから500円プラス。損切りの場合は2000円のマイナスになります。

どうかなぁ~?まだまだ改良の余地もありそうですね!

これにてEA作りにトライは終了としますが、、、まだまだやり始めたばかり!何か発見したら、また記事にしますね!

実践MT4で売買するならおススメはXM!
こちらから↓↓↓

メタトレーダーDL出来ます!

注意!当ブログの管理人はプログラマーでもプログラマーの卵でもありません!ブログ記事は自信の覚書のように更新しています。
当ブログサイトを利用するにあたって貴殿にいかなる損害やご迷惑をかけても一切責任を負いかねますのでご了承ください!

MT4 EAメタエディタを使って勝てる儲かるEAを自作する。

【第一章】MT4をダウンロードしてメタエディタを開く

【第二章】メタトレーダーからメタエディタを開いてEAを書き込む準備をする

【第三章】買いポジションを持つOrder Send関数と一気にバックテスト!

【第四章】メタエディタでロウソク足と移動平均線を使ったEAを作ってみる

【第五章】儲かるEA制作!変数宣言と変数に移動平均線を代入してみる

【第六章】変数宣言をしてロウソク足にも関数を代入して使えるようにします。

【第七章】移動平均線が上昇の局面でロウソク足が移動平均線を下から上にクロスしたらのEA

【第八章】儲かるFXのEAは作れるのか?とりあえずバックテストの結果は上出来!

 - 自作EA

スポンサードリンク