【第六章】変数宣言をしてロウソク足にも関数を代入して使えるようにします。

      2016/12/11

MT4 EAメタエディタを使って勝てる儲かるEAを自作する。

【第一章】MT4をダウンロードしてメタエディタを開く

【第二章】メタトレーダーからメタエディタを開いてEAを書き込む準備をする

【第三章】買いポジションを持つOrder Send関数と一気にバックテスト!

【第四章】メタエディタでロウソク足と移動平均線を使ったEAを作ってみる

【第五章】儲かるEA制作!変数宣言と変数に移動平均線を代入してみる

【第六章】変数宣言をしてロウソク足にも関数を代入して使えるようにします。

【第七章】移動平均線が上昇の局面でロウソク足が移動平均線を下から上にクロスしたらのEA

【第八章】儲かるFXのEAは作れるのか?とりあえずバックテストの結果は上出来!

前回の続きでidou_1以外にも命を吹き込みましょう!

//変数宣言
double idou_1,idou_2,rousoku_3,rousoku_4;
//移動平均線が上昇の局面でロウソク足が移動平均線を下から上にクロスしたら買いポジションを持つ
idou_1 = iMA(NULL,0,5,0,MODE_SMA,PRICE_CLOSE,2);
idou_2 = iMA(NULL,0,5,0,MODE_SMA,PRICE_CLOSE,1);
rousoku_3 = iClose(NULL,0,2);
rousoku_4 = iClose(NULL,0,1);

rousoku_3のiCloseはロウソク足の終値で中身は今回(選択された通貨ペア,選択された時間,2つ前のロウソク足の位置)です。
他に
始値:iOpen(通貨ペア、時間軸、ロウソク足の位置)
終値:iClose(通貨ペア、時間軸、ロウソク足の位置)
高値:iHigh(通貨ペア、時間軸、ロウソク足の位置)
安値:iLow(通貨ペア、時間軸、ロウソク足の位置)
があります。

さて少し前の記事に戻って売買の条件を確認しましょう。
売買条件:移動平均線が上昇の局面でロウソク足が移動平均線を下から上にクロスしたら買いポジションを持つ
イメージ的には↓
buy

プログラムは

idou_2>idou_1 && idou_1>rousoku_3 && idou_2>rousoku_4

さて、この条件(買い条件)で売買するために、さらに条件を加えます。

それは

もし買いポジションがなければ(買い条件)を実行する。ですから買いポジションがあれば追加の売買はなしということです。

そこで

// オーダーチェック
CurrentPosition=-1;
for(cnt=0;cnt < OrdersTotal();cnt++){
OrderSelect(cnt,SELECT_BY_POS);
if(OrderSymbol() == Symbol()) CurrentPosition=cnt;
}

を使います!

これは深く考えないでください~

なんかややこしくなってきたので次回まとめますw

実践MT4で売買するならおススメはXM!
こちらから↓↓↓

メタトレーダーDL出来ます!

注意!当ブログの管理人はプログラマーでもプログラマーの卵でもありません!ブログ記事は自信の覚書のように更新しています。
当ブログサイトを利用するにあたって貴殿にいかなる損害やご迷惑をかけても一切責任を負いかねますのでご了承ください!

MT4 EAメタエディタを使って勝てる儲かるEAを自作する。

【第一章】MT4をダウンロードしてメタエディタを開く

【第二章】メタトレーダーからメタエディタを開いてEAを書き込む準備をする

【第三章】買いポジションを持つOrder Send関数と一気にバックテスト!

【第四章】メタエディタでロウソク足と移動平均線を使ったEAを作ってみる

【第五章】儲かるEA制作!変数宣言と変数に移動平均線を代入してみる

【第六章】変数宣言をしてロウソク足にも関数を代入して使えるようにします。

【第七章】移動平均線が上昇の局面でロウソク足が移動平均線を下から上にクロスしたらのEA

【第八章】儲かるFXのEAは作れるのか?とりあえずバックテストの結果は上出来!

 - 自作EA

スポンサードリンク